HOMEへ戻る HOMEへ戻る MAIL お問い合わせ セクションペーパー
ニュース&トピックス 美術監督協会 映画美術スタッフ塾 リレーエッセイ 準会員のつぶやき すけっちBOOK 寄稿 賛助会員
寄稿
千葉一彦
金勝浩一
金勝浩一
櫻木 晶
林隆
大澤哲三
金田克美
丸山裕司
中岡陽子
出川三男
岡村匡一
松本知恵
井上泰幸
丸茂孝
今井司
室岡秀信
中林啓治
和田洋
井川徳道
大嶋修一
丸山裕司
竹内公一
種田陽平
内田哲也
岡村匡一
井川徳道
稲垣尚夫
愛甲悦子
井上章
※★マークはページを印刷できません
美術監督協会


HOME > 寄稿 > 稲垣 尚夫  
 
すけっち
通信No.1(2006.1)より
かつての今村昌平監督は浴びるほど酒を飲んでいた。45度どころか65度以上の焼酎を好んで飲んでいた。一緒になって飲んでは時折調子に乗りすぎてすこぶる怒られたものだ。
私がまだ20代のころ、『楢山節考』の合宿ロケ先に山岳雑誌「山と渓谷」の一行が訪れたことがある。
”お山”のロケ現場を探すにあたってお世話になった方々であり、然るべくおもてなしをするようにと監督に命ぜられた。そして監督は軽く歓迎の挨拶を交わした後、二階の監督室に撤退してしまった。
どうやら監督はこのような真面目な方々と山の話をすることが苦手と見えたので、私が宴会主任となって大いに酒宴をもりあげた。ところがこの御一行、監督が決めつけていたような真面目一点張りで”山の話しかしない人々”ではなかったのである。くだらない話題から下世話な話題にいたるまで・・・とういか、くだらない話しかしなかったように思える。
寄稿
当時私が気に入っていたものに『スネークマンショー』のカセットテープというものがあり、お山暮らしの退屈な夜を楽しませてもらっていたカセットテープである。
そのパッケージたるや【OKマークのスキンレススキン】のパッケージを模したデザインで・・・
といえば内容をご存じない人でもどのようなものかは想像がつくことと思うが、伊武雅刀が中心となり
「レディース アンド ジェントルマン、こなさんみんばんわー ゆーこそ よらっしゃいました・・・」
なんて調子で始まる実にくだらない内容なのだが、いけないことに当時私は丸暗記してしまっていたのである。
いよいよ酒もまわってきた私は、その大切なお客さまに向かってはじめてしまった。
「レディース アンド ジェントルマン、こなさんみんばんわー・・・」
「山と渓谷」の一行の中にも好きな人がいて、とうとう二人掛け合いでやっちゃったから、
「前編通して・・・」ということになってしまい・・・飛んできた、飛んできた・・・監督・・・
階段を駆け下りて来て凄い剣幕・・・「うるさい!!イナガキッ!いい加減にしろーっ!!!!」
お客様までとばっちりをうけてしまい、しゅーんとなってしまった。そうだよな・・・
私らは怒鳴られ慣れているけど、「山と渓谷」の人たちはね・・・ショックたったろうな・・・
更にその後おとなしく飲んで解散したが、一泊の客人を翌朝お見送りしてその後が怖かった。
二階の監督室の完全防音工事を命ぜられたのである。私は障子もベニヤで二重に挟み込み、部屋中の隙間を埋め尽くし、まるで牢屋みたいに作って納めた。しかし防音効果は全く得られなかった。
「女衒」のマレーシアロケでは毎晩監督室で飲むのだが、監督はいつも若い女郎役の女優達に囲まれてご機嫌なのだ。
「イナガキはそれを飲んでいろ」と、私だけ見たこともない安い酒・・・
ここでも調子に乗って盛り上げてしまい女郎達にウケちゃったらアウト・・・
「イナガキ 要らない」と退散・・・
寄稿
そんなこんなで「黒い雨」の岡山ロケ・・・
監督が講演のため3〜4日合宿所を空けることがあった。そんなある晩、スタッフみんなで飲んでいたところ、
”足し算というか引き算というか”・・・即ち酒がきれたのである。「監督の飲んじゃおう」と私・・・
差し入れの焼酎で白い陶器に入った監督の大好物のシロモノ、銘柄は【ステラ】・・・なかなか手に入らないものだが市内のデパートか倉敷に行けば買えるだろうと安易に考え、映画学校から応援に来ていた教務課の五十嵐氏と共に監督室から盗み酒。
翌日岡山中を歩き回り、果ては倉敷から更に足をのばし思いつく限り【ステラ】を探し尽くした教務課五十嵐氏より情けない電話・・・
「いなちゃん、何処にもないんだよ・・・だから、【世界のビール詰め合わせセット】ってのを買って帰るよ」
「ダメ!五十嵐・・・それだけはやめて・・・いっそ『盗み酒をいさぎよく詫びた方が・・・』」
その日の夜から毎晩夕食時に、きまって監督に声をかけられるようになった。
「イナガキね 後で打ち合わせたいことがあるから部屋に来てくれ」。食後監督室に行くと、
畳に正座した五十嵐氏が何処かの国のビールを飲んでいる。
監督「おお、来たか。冷蔵庫の中にね、世界中の不味い不味いビールが入っているから、好きな国のを飲んでいいよ」ダメなんだよ、こういうの買って来ちゃ・・・いいオモチャを与えてしまった。
五十嵐の”イガ”と稲垣の”イナ”・・・二人合わせて”イガイナコンビ”にはそれからの数日間、その儀式は毎晩続いた。
寄稿
『大帝の剣』オープンセットの写真
2005年12月8日に着工したものの、雪に阻まれ一時中断。実際に本格的に建込みにかかったのは12月20日以降。実質12〜13日間で建てたことになります。中根さん率いる【沼南開発・櫻建設『カンゾー先生』・『力道山』・藤本内装(力道山)・井上塗装工業】などのスパー大工、スーパー塗装のおかげです。

リンク
サイトマップ
(c)2004-2013,Association of Production Designers in Japan, All rights reserved.