HOMEへ戻る HOMEへ戻る MAIL お問い合わせ セクションペーパー
ニュース&トピックス 美術監督協会 映画美術スタッフ塾 リレーエッセイ 準会員のつぶやき すけっちBOOK 寄稿 賛助会員
映画スタッフ塾
第7期
第6期
第5期
第4期
第3期
第2期
第1期
スタッフ塾


HOME >映画美術 スタッフ塾
 

文化庁 平成26年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業

現在、映像表現に向い合い共働する各パートの新進プロフェッショナルの皆様が共に学習し交流する「場」として「映画美術スタッフ塾」第14期Part1を開講します。
台本読了後の試写、講義を通じて映像空間の具体化への過程と、日本映画のクオリティを今日の高みに至るまで引き上げて来られた先輩スペシャリスト達の「技」を学習して下さい。
又、現在映像表現を学ばれている学生や一般の皆様も『聴講生』として積極的に参加し、学習して下さい。

短編台本を基に撮影所のステージに、参加者の手でセットを建て込みます。下地壁に経師・塗装・エイジングを施し、小道具を飾り、完成するまでを実体験。完成された空間に光が当り、そこで展開する芝居をカメラが切り取ります。編集された映像を撮影所試写室で鑑賞します。

あなたとプロの映像技術者とのコラボレーションです。あなたの手と眼で映像表現の伝統と現在を体験して下さい。


【期間】
2014年8月1日(金)〜8月4日(月)
4日間 ●日程表はこちら


【会場】
東映東京撮影所 アクセスマップはこちら
〒178-0063
東京都練馬区東大泉2-34-5
TEL 03-3867-2701
http://www.toei.co.jp/studio/tokyo/


【参加費】
参加費:4日間 5,000円  1日1,500円
※第14期は全日または、1日単位の参加募集となります。1日の途中までの参加、または途中からの参加でも1日の参加費となります。
・交通費は各自負担となります。
※参加費は前納制となります。入金の確認後、正式参加となりますが、当日、受付にてお支払いをご希望の方は、その旨をご連絡ください。
※振込先(銀行)は、申し込み受付後にメールにてお知らせいたします。 
※参加申し込みをしないでの当日の参加については、会場の都合でお断りする場合があります。
※参加者は当日受付を終了し参加証をお受け取り下さい。

【お問い合わせ・資料請求】
協同組合 日本映画・テレビ美術監督協会
『映画美術スタッフ塾』実行委員会事務局
参加申込受付終了
<住所> 〒160-0022 東京都新宿区新宿2-15-14 パンチョスタワー2F
<TEL&FAX> 03-3353-4660
<E-mail> info@apdj.or.jp

◆スタッフ塾 日程表◆(予定)   於:東映東京撮影所

8:30 9:00−13:00 13:00−17:30 −18:30
8月1日
(金)
受付
《映画美術講義》
台本・セットプラン解説
参考作品試写
昼食
セット建込み  経師
塗装
講師:大泉美術・松下美術背景
懇親会
8月2日
(土)
受付
塗装  エイジング
装飾品 物出し
昼食
セット装飾
  講師:東京美工
懇親会
8月3日
(日)
受付
撮影準備・ライティング
講師:原 隆仁(映画監督)
   美術監督協会員
昼食
撮影
  装飾品 倉庫返却
懇親会
8月4日
(月)
受付
編集済み作品 試写
技術解説      
講師:撮影監督(未定)
        宮澤 誠一(編集技師)
昼食
《講座》
「映画美術と光」
  講師:小澤 秀高(塾長)
懇親会

※懇親会は自由参加です。

<協力>
東映東京撮影所
東映デジタルセンター
大泉美術
松下美術背景
ナックイメージングテクノロジー
日本大学芸術学部映画学科
映像職能連合

日本映画・テレビ美術監督協会APDJ
[塾長] 小澤 秀高
[スタッフ塾事務局] 今井高司
[助手育成委員会]
愛甲悦子、安宅紀史、池谷仙克、磯田典宏、内田哲也、大嶋修一、太田喜久男
金勝浩一、金田克美、菊地章雄、北谷岳之、木村光之、黒瀧きみえ、古積弘二
小林久之、斎藤岩男、酒井賢、島倉二千六、竹内公一、西村薫、新田隆之
萩原卓児、花谷秀文、福澤勝広、藤田泰男、星埜恵子、丸山裕司、三池敏夫
矢内京子、山本和弘、吉見邦弘、和田洋、朝倉麻里子、岩本浩典、掛塚一継
高橋佳代、竹内悦子、長島由明、渡邊由利

 
●東映東京撮影所アクセスMAP 
 <住所>〒1778-8666 東京都練馬区東大泉2-34-5 <TEL> 03-3867-2701
アクセスMAP
 
PDFファイルをご覧になるには、
Adobe Systems社のAdobe ReaderRが必要です。
 

リンク
サイトマップ
(c)2004-2013,Association of Production Designers in Japan, All rights reserved.